水虫を気にする女性の足

水虫はおっさんだけじゃない!

水虫になる人って大抵の人はおっさんを想像すると思いますが実は最近はそうでもないのです…冬場の女性の水虫率はかなりのものなのです!ブーツの中は水虫の住処となっていることでしょう!そんな女性に多く見られるようになった水虫の紹介です。

水虫は女性のブーツが好物

水虫は中高年の男性特有のものだと考えがちですが、ファッションに目がない年頃の女性でも発症する可能性が十分にある気を付けたい病気です。
その理由の一つとしてあげられるのが、ブーツです。
ブーツは女性が好んで履く冬定番のファッションアイテムですが、通気性が悪く水虫の原因菌である白癬菌が繁殖しやすい特徴を有しています。また同じく冬の定番であるストッキングも吸水性が悪いので、ブーツと合わせて使用するとブーツ内の湿気をさらにあげてしまう結果になります。
もしブーツを脱いだ時に足が臭うと感じたなら、水虫が繁殖しはじめている危険性が高いので気を付けましょう。
もちろん水虫の繁殖からブーツを守る方法も存在します。
一番大事なのは、白癬菌が好む高温多湿の環境をブーツ内に作らないことです。そのためにも同じブーツを二日以上続けて使用しないようにしましょう。
冬場のファッションとしてブーツを常に履いていたい場合は、ブーツを二足以上所有して使い回すようにします。
この時に最も重要なのは、履いていないブーツ内の湿気を徹底的に取り除くことです。
そうすることで次にブーツを履いた時に以前の湿気が残っていない状態を作り出せるため、湿気がさらにこもる悪循環を予防し、履いてない間に水虫の原因菌が増えるのも食い止められるからです。
湿気を取る方法としては乾燥剤を詰めるやり方や、新聞紙やチラシなどを丸めて入れる手もあります。また晴れた日に陰干しする方法も湿気取りに役立つでしょう。
その他にはブーツを履く時にストッキングの着用をやめて、高温多湿状態を緩和するやり方もあります。冬場でストッキングを脱ぐと寒いと思う場合は、かわりに汗や湿気の吸収が期待できる綿素材の靴下を履くようにしましょう。