水虫を気にする女性の足

水虫になる人って大抵の人はおっさんを想像すると思いますが実は最近はそうでもないのです…冬場の女性の水虫率はかなりのものなのです!ブーツの中は水虫の住処となっていることでしょう!そんな女性に多く見られるようになった水虫の紹介です。

足の水虫は緑茶で完治できる?

足に発症する皮膚病と聞いて、まず「水虫」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
それだけ日本では水虫はポピュラーな皮膚病です。

あるデータによると水虫を発症し治療を受けた事がある、また市販薬を使った経験があるという方は5人に1人に上ります。
これだけ多くの方が発症している身近な皮膚病なのです。

発症する原因は白癬菌というカビの1種です。
白癬菌は皮膚に含まれる、ケラチンというタンパク質をエサとしている為、皮膚に付着すると角質層に感染します。
皮膚を溶かす為にケラチナーゼという酵素を出すのですが、この時に強い痒みを感じるようです。

症状が進むと皮膚がジュクジュクとただれる、小さい水疱が出来る、強い痒みが現れます。
中には靴を履く事ができない、歩く事さえできなくなるケースもあるので、足に少しでも痒みを感じたら早めに皮膚科を受診しましょう。

ただ、皮膚科に行く時間がなかなか取れない、水虫と知られるのが恥ずかしいという事で、受診を躊躇してしまう方も少なくありません。

多くの方が悩んでいる水虫ですので、巷には溢れる程の民間療法が存在しています。
その中の1つに挙げられるのが「緑茶」です。
緑茶に含まれるカテキンには抗菌作用があるので、この作用によって白癬菌を死滅させようという民間療法です。

ガーゼに浸した緑茶を足につけるだけなので手軽という事もあり、多くの方が試しています。
実際、完治させるまで効果があるのかというと、やはり治療には勝らないようです。

皮膚表面に付着している白癬菌は、除菌する事ができるかもしれません。
しかし角質層の奥深くにまで感染を広げてしまっている場合、緑茶では完治する事はできないでしょう。

症状が悪化しているという場合は、抗真菌薬による治療が完治までの近道です。